「EPA」と「DHA」と呼ばれている物質

on
in

生活習慣病と申しますのは、痛みなどを伴う症状がほとんど見られず、数年とか数十年という年月を掛けて徐々に深刻化しますので、病院で診てもらった時には「お手上げ状態!」ということが多いと聞きます。
ビフィズス菌がいる大腸は、人間の消化器官の最終の通路だと言えます。この大腸で悪玉菌が蔓延りますと、排便に象徴される大切な代謝活動が抑止され、便秘に苛まれることになるのです。
グルコサミンというのは、軟骨の原材料になるのに加えて、軟骨の再生を助長させて軟骨の修復を確実にしたり、炎症を和らげるのに効果があるとされています。 (さらに…)